アロワナを飼いたいと考えている人の中で狭い水槽の中で住まわせるよりも、池で広々と泳がせてあげたいと考える方も少なくないです。

では、実際に池でアロワナを飼うということはどのような環境を用意すべきなのかを解説していこうと思います。

ビニールハウスを使う

アロワナはもともとは熱帯地域に生息していた魚であるため、基本的に日本の気候で屋外の池で飼うということは不可能です。

実際に日本の池でアロワナを飼育している方は、池をビニールハウスで囲うという工夫を施しています。

ビニールハウスを設置した上でストーブなどで水温調整を行わなければならないため、池で優雅に泳ぐ様子がビニールハウスによって妨げられることはおろか、水温調整が非常に難しくなってしまうためこの方法はあまりお勧めできません

室内に池を作る

もう1つは、室内の庭などに池を作ってしまう方法があります

この方法は初期費用があまりにもかかるので、もともと室内に池があるという人以外には現実的でありません。

ですが、室内ということもあってエアコンやヒーターなどを利用した水温調整が屋外のビニールハウスよりは容易であるので、長い目で見たらこちらの方が現実的であるように思えます。

スポンサードリンク

熱帯地域に住まいを移す

最後は、住まいを熱帯地域に引っ越すという手段です。

アロワナを屋外で飼うには、日本の気候はあまりにも気まぐれ過ぎます。

四季もさることながら、台風など気候の変化が激しい日本でアロワナを外で飼うことは非常に難しいことですし、アロワナにとってもストレスとなり、発病の原因となってしまってもおかしくありません。

まとめ

これまでの話を踏まえて、日本でアロワナを屋外の池で飼うということはどれほど現実的ではないかということが理解していただけたのではないかと思います。

そもそもアロワナは熱帯地域で住んでいた種であるため、日本の気候に耐えられるような魚ではないのです。

池で広々と優雅に泳ぐ姿を見てみたいという願望もビニールハウスで景観が壊されてしまいますし、素直に室内に大きめの水槽を買ってあげる方が、アロワナが住むという意味でも鑑賞するといいう点でも都合がいいのではないかと思います。

スポンサードリンク