アロワナを飼いたいとは思うものの幼魚の状態からさらに大きく成長することを考えると、なかなか家で飼うには勇気がいるというのが大衆の意見であるそうです。

確かに一般的な家庭では大きな水槽を置くには結構なスペースを確保しなければなりません。

また、神経質で臆病であるという特徴から置き場所も選ばなくてはならないというのもなかなか敷居が高いというものです。

この記事ではアロワナを大きく育たないようにする方法について記していこうと思います。

アロワナ 成長させない

アロワナの成長を止めるには

アロワナは住んでいる環境に合わせて成長を止めるという特徴があります

大きな池であればそれだけ大きなアロワナが見つかります。

そのため、小さめの水槽でアロワナを飼えば小さいまま育てることができるのです。

小さい水槽で飼う問題点

しかしそれには問題があります。

あまりに水槽が小さすぎると、アロワナの神経質で臆病という性格が災いして何かに驚きパニックに陥ってしまった際に水槽から飛び出して死んでしまったり、水槽の壁に頭をぶつけてそのショックによって亡くなってしまうというケースがとても多いのです

もともとアロワナというのは1メートル以上のジャンプが可能である魚なので、水槽での飼育自体にある程度の危険がつきものであると言われています。

そんな中でわざと小さな水槽を選択するということはアロワナにとって死のリスクを上げることでもあるのです。

スポンサードリンク

小さい種類のアロワナを飼う

もう1つはもともと大きく育たない種類のアロワナを選択するという方法があります。

ノーザンバラムンディという種類が比較的小型のアロワナです。

とはいうもののアロワナはアロワナですので最終的には5~60センチほどのサイズには育ってしまうので90センチサイズの水槽が最低限必要になるのではないかと思います。

まとめ

アロワナは一般的なイメージとしては力強い魚であるというところが強いです。

しかし実際には神経質で臆病であるアロワナには少しのストレスでも病気につながってしまうことがあります。

また、小さい水槽で飼うという方法もアロワナのしに直結してしまうという可能性を考えると、苦肉の策として頭に入れておくくらいが丁度良いのではないでしょうか。

スポンサードリンク