近頃アクアリウムという自宅で観賞用の熱帯魚や水草を飼育するという趣味が人気を博しています。

そういった需要の中でアクアリウムと同じくして人気を上げているのが「アロワナ」です。

アロワナが水槽内を優雅に泳ぐ姿は圧巻で様々な人に愛されています。

アロワナは体の大きさやゆったり泳ぐ姿から力強いイメージが持たれています。

このようなイメージが先行してしまい、雑な飼育方法をとってしまう飼い主さんが少なくありません。

実際には非常に臆病で神経質な性格の魚であるので、慎重に世話をしなければなりません。

アロワナにおけるストレス

人間と同じく、アロワナもストレスを感じると体の様々な部分に支障が見られるようになります。

アロワナにストレスを与えないようにするにはどういった工夫が必要であるかを解説していこうと思います。

水槽が狭い

1つは水槽の環境によるものです。

水槽が狭いことで体を自由に回すことができなく、ストレスに感じてしまいます。

また、パニックに陥った際に水槽が狭いことで体を壁にぶつけてしまい、生死に関わる怪我を負ってしまう恐れもあります

そういった2次的な事故を防ぐためにも水槽は小さすぎないものを選択しましょう。

スポンサードリンク

水質悪化

もう1つ原因として多いのが飼育水の水質悪化によるものです。

飼育水が汚れているのであれば、水を少しずつ交換することで対処できます

一気に全部変えてしまうとアロワナが水質の違いに驚いて病気の原因となってしまう恐れがあるので注意しましょう。

また、が小さいことで水が汚れやすくなっていたり、フィルターが汚れていることでいくら水を交換しても改善されないという可能性も考えられるので、飼育環境をよく見直すようにしましょう

また、水流の強さを調節することで改善できることがあるので、ブリーダーさんやペットショップの店員さんに相談してみても良いかもしれません。

まとめ

アロワナは前述した通り力強いイメージの強い魚ですが、実際にはとても神経質で臆病な魚です。

今回まとめた飼育環境でのストレスはもちろんのこと、人間の足音や人影などにも驚いてパニックを起こしてしまうほどです。

飼い主さんはよくアロワナのことを知って飼育環境を整えてあげる必要があると言えるでしょう。

 

 

スポンサードリンク